シマノ マーケティング 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG スピニングリール 67%以上節約

シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (スピニングリール)

ヴァンキッシュ,シマノ,/allegoristic568777.html,19,(スピニングリール),アウトドア、釣り、旅行用品 , 釣り , リール , スピニングリール,www.englishmariko.com,14107円,1000SSSPG シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG スピニングリール 67%以上節約 14107円 シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (スピニングリール) アウトドア、釣り、旅行用品 釣り リール スピニングリール ヴァンキッシュ,シマノ,/allegoristic568777.html,19,(スピニングリール),アウトドア、釣り、旅行用品 , 釣り , リール , スピニングリール,www.englishmariko.com,14107円,1000SSSPG シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG スピニングリール 67%以上節約 14107円 シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (スピニングリール) アウトドア、釣り、旅行用品 釣り リール スピニングリール

14107円

シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (スピニングリール)

シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG
■ギア比:4.6
■実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
■自重(g):145
■スプール寸法(径mm/ストロークmm):40/13.5
■ナイロン糸巻量(lb-m)/フロロ糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m):2-100、3-60/2-80、3-55/0.3-120、0.4-90
■最大巻上長(cm/ハンドル1回転):58
■ハンドル長(mm):35
■ベアリング数BB/ローラー:11/1
■発売年:2019年3月予定
≪シマノ スピニングリール≫


シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG
■ギア比:4.6
■実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
■自重(g):145
■スプール寸法(径mm/ストロークmm):40/13.5
■ナイロン糸巻量(lb-m)/フロロ糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m):2-100、3-60/2-80、3-55/0.3-120、0.4-90
■最大巻上長(cm/ハンドル1回転):58
■ハンドル長(mm):35
■ベアリング数BB/ローラー:11/1
■発売年:2019年3月予定
≪シマノ スピニングリール≫



「在庫有り」の表示であっても、必ずしも在庫を保証するものではありません。
掲載商品につきましては、各モール及び実店舗と在庫を共有しております。
完売や欠品の場合は、誠にご迷惑をお掛けいたしますが、御注文をキャンセルさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
なお、「ご注文内容の確認とお届けについてのお知らせ」メール送信後は、キャンセルを承ることが出来かねますのでご了承ください。

シマノ 19 ヴァンキッシュ 1000SSSPG (スピニングリール)

まだ釣行に行ってないのでわからない部分は普通の評価にしました。 巻きに関してはグリスの加減でしょか? 2万円台のリールと違いがわかりません。 これも使ってる内に軽くなる事を願ってます。 ハンドルノブもカラーが入ってるのか?って疑うぐらい回りません。 でも滑らかに、そしてノイズも無くいい感じです。 見た目は写真よりかなり黒いです。 良い感じです。
アジングに使うために購入。アブのレボ・エクストリーム1000と比べて-10グラムの実感は微妙・・・ 巻きに関してはどちらも軽いが、シルキーさ(上品さ?)でバンキッシュ。ドラグの使用感と音はアブ。飛距離はバンキッシュ。 総合でバンキッシュ(やはり値段がとあり)というのが私の感想です。
アジングリールとしては最高な相棒でしょう。 軽量ながらボディーはマグネシウムとci4+でアジングするには必要十分で巻き心地も良いです。 半プラ化と言われますが、16ヴァンキッシュと比較しても別に困る事は無いです。 個体差がありますが、ハンドルのガタ等ご自身で調整出来ないなら実店舗で実機を確認して購入した方がいいです。 ローターも軽量過ぎて、ラインローラー変更するとバランスが崩れて不快な振動が出ます。ウエイト調整しないと気持ちの良い巻き心地になりません。
19ヴァンキッシュ145gさすがに軽いですね。軽いがゆえにタックルバランスの合う竿も手持ちでは限られてきます。 巻き心地はスムーズで軽いですが、質感とシルキーさはステラと比べるとそれなりです。飛距離は今回からステラと同じロングスプールという事で気持ちよくジグヘッドが飛んでいきました。 最近の5フィート台の軽量竿に19ヴァンキッシュで最強コンビが誕生しました。これからの釣行が楽しみです。

イベント情報

お知らせ

※イベントのある日のみ表示されます。
【事務室開室時間】
月-金:9:00-17:00(12:00-13:00 昼休)
(土・日・祝日:閉室)
大きなカレンダーで見る

文部科学省「21世紀COEプログラム」によって設立された愛知大学国際中国学研究センター(International Center for Chinese Studies:略称ICCS)は、本学大学院中国研究科博士課程を中核に、海外から招聘する世界レベルの学者を含む現代中国研究の国際的な研究・教育機関として、活動を行っております。

ICCSの研究における究極的目標は、伝統的な「中国学(Sinology)」にとどまらず、新たな学問分野として「現代中国学(Modern Sinology)」の構築に向けた努力を継続することにあります。これは日本発の世界的な取組みとなるでしょう。私たちは日本国内、中国をはじめとする世界の優れた仲間たちと、このための研究を進めています。

詳しく見る